Live the Life You Love.

-自分の愛する人生を生きろ-

ひまじん、エージェントを語る。ワーホリでエージェントは本当に必要なのか!?

Tabi × ワーキングホリデー

こんばんは。オーストラリアでワーホリ中のKotaです。

昨今では日本とワーホリ協定を結んでいる国がどんどん増えてきています。

2018年現在ではなんと20カ国もあります!国ごとに行ける人数の制限があったりなど、条件は様々ですが、昨年にはアルゼンチンやスペインといった国ともワーホリが始まり、ますます海外へのハードルが低くなっているように思います。

 

さてそんな中で、ワーホリに行こう!と考えている人も多いかと思います。

そこで最初に悩むのが、エージェントっているの?って疑問。

 

ワーホリでオーストラリアに来て、エージェントを使っている人、使っていない人色々な人に合って思うことがあったのでまとめてみたいと思います。

参考になればと。

 

f:id:naka-labo:20180525133656j:plain

 

 

エージェントとは?

 

まずそもそもエージェントとはなんだ?ってとこからですね。

まぁ簡単にいうと、留学をサポートしてくれる会社です。

具体的にどんなことをしてくれるかというと、ビザの申請代理、学校の紹介や学校の申し込みの代理、外国に到着してからのピックアップの手配やホームステイ先の紹介などです。

無料、有料エージェントなどググるだけでもめちゃくちゃたくさんの会社があります。

 

”無料” ”有料”どちらがいいの?

エージェントには無料でサポートしてくれるところと、有料でサポートをしてくれるところと2種類あります。

ざっくり言うと経営方法の違いで、学校などから紹介料等をもらって運営しているか、留学生からお金をもらって運営しているかの違いです。

これからの海外生活を考えると、なるべくお金はかけたくない。無料で済ませたいけど、無料のところって大丈夫なの?って思う人もいるかと思います。

 

結論から言うと、無料で全然OK!!!

 

むしろ有料エージェントにお金を払う意味がわからない。

だって、3回目の相談からはいくらかかります。とかビザの申請をこちらでするとなるといくらかかりますとか。出費ばっかやん!!!ってなる。無料でサポートしてくれるところがあるのに。。。笑

そしてこれは個人的な意見なんだけど、有料エージェントの説明会に行った時にお金で繋がっている感じがものすごくした。エージェントの人が良くも悪くも仕事としてやっているような印象。契約とらなきゃ!!って人もいて、しつこく連絡がきたりしてすごく嫌だった。

 

無料エージェントの印象はお金をとらないからこそ、私たちをしっかりと信用してもらいたいって想いがすごく伝わって来た。オフィスからもその空気がビンビン伝わって来た。

初めての海外生活だったし、不安な部分がないわけでもなかったので人として信用できるかどうかは大きかった。

ただ、無料エージェントは保険会社の指定などの条件もあるので注意

 

国特化型か、色々な国を取り扱っているか。

 

エージェントによって、その国専門のエージェントか色々な国を取り扱っているエージェントか種類が2つに分かれる。

それぞれのメリット・デメリットを紹介しようと思う。

色々な国を扱っている会社
  • メリット

色々な国を選択肢として相談することができる。たくさんの国を扱っているので、相談しながら自分の目的によって様々な国のメリットを紹介してくれるのは嬉しい。

母国じゃないから色々な国のことを教えてもらって、比較できるのはいいよね。

  • デメリット

たくさんの国があるが故に、1つ1つが浅くなってしまう。比較できるのはいいんだけど、自分でもう国を決めている場合は自分でもたくさん調べていることが多いから、エージェントの人の話を聞いたところで、いや知ってる知ってる。ってなっちゃう。エージェントの人にもよると思うけど、知識が少ない。そして彼らが行ったことの無い国を淡々と紹介されても説得力がない。笑

国特化型エージェント
  • メリット

エージェントの人がその国で実際に留学やワーホリをしているケースがほとんど(むしろしていない人を見たことがない)ので、とにかく情報が厚い。現地支店を設けているところもあるので、行ってからのサポートも手厚かったり、エージェントの人と仲良くなって、ローカルのカフェの情報とかおいしいお店の情報、観光や遊びのスポットまでディープにその国のことを紹介してくれる。

  • デメリット

無い。笑

 

僕はオーストラリア専門のエージェントを使っていますが、断言します。国特化型のエージェントを使いましょう。言ってしまえばその国のプロなので、俄然信用できます。ただ新しいワーホリ協定国は特化エージェントがないのでしょうがないです。

 

現地エージェント

中には、日本にはなく現地(ワーホリや留学先の国)のみにあるエージェントもあります。日系の会社もいくつかあるようですが、日本にいる時のサポートはないので現地に来てからサポートが必要になった場合に申し込むことが多いようです。

正直なところ、詳しくは知らないのですが無料でやってくれるところは少ないようです。紹介料等々安くない金額がかかってきますが、現地のプロだけあって、情報の厚さはダントツでしょう。

エージェントは必要?

はっきり言うと、絶対に必要なものではないです。

自分でビザの申請もできるし、学校も申し込みはできます。ホームステイだって、現地についた後いくらでもさがせるし、ピックアップだってなくても電車やバスを使えばOK。最初に寝るとこがなければバッパーとかユースホステル、最近ではAirbnbとかもあるしね。個人でいくらもでできる。

 

けど、個人的にはエージェントを使った方が良いと思う。

なぜなら、余計な手間と心配がかからない、そして不安がなくなるから。

 

個人で全部手配はできるけど、ビザだって学校だって当然全て英語のやりとり。

日本人で海外に行く人は英語できない人も多いからここからまずつまづく。申請して、ミスがあってやり直しなんて時間も労力も無駄無駄。そのあいだに1分でも英語で映画見た方がよっぽど時間の有効活用だよ。

 

ただ、全部自分で経験したい!!って人は無くて良いかも。

ワーホリは基本的にそれぞれの国で一生に1回だから、こういう準備も一生に1回。やってみる価値もあるかもしれないね♩

 

おすすめエージェント

僕が使っているエージェントの紹介になってしまうんですが。笑

別に回しモンじゃないですよ。笑

本当に良いと思ってるから紹介します。

 

www.aicjapan.jp

 

AICというオーストラリア専門の無料エージェントを使っています。

日本にも大都市には支店があり、近くに無い人はメールや電話でのサポートをしてくれます。

月の契約人数をしっかりと決めていて、1人1人をちゃんとサポートしてくれます。

僕も東京支店には一度行きましたが、担当になった名古屋支店の方とは一度もお会いせずにAICに決めました。細かいサポートとフレンドリーさ、アットホームで温かさも感じることができました。

海外送金もしてくれたり、メールでこまめにサポートの連絡をしてくれたりと、個人的には至れり尽くせりです。

 

現地にも主要都市にはちゃんとあります。

現地についてからのオリエンテーションもしっかりしてくれて、銀行口座の開設等もお手伝いしてもらいました。

暇な時は特に用がなくてもオフィスに遊びに行って、かまってもらってます。笑

ボトルの中洗うスポンジってどこで買えますか?とかどうでもいい話を聞きに行ったりもする。笑

オフィスで出会うワーホリメーカーの人たちとも仲良く話せるのでそれも楽しみのひとつだったりする。

 

みんな良い人ばかりで楽しいエージェントです。

FacebookやInstagramでオーストラリアのことも紹介してくれてます♩

www.facebook.com

www.instagram.com

 

まとめ

 

エージェントの概要をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

これからワーホリや留学に出る人のお役にたてたら幸いです。

海外生活ENJOYする為にも、身近な海外経験者に話を聞いたりしてじっくりと決めましょう。

エージェントで失敗して、現地にきてからエージェントを変えてる人結構いますよ。

 

 

See u later!!

 

Kota

 

おすすめ記事

 

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com