Live the Life You Love.

-自分の愛する人生を生きろ-

ひまじん、ワーホリを語ってみた。

Tabi × Workinghokiday

 

こんばんは。Kotaです。

 

海外で生活しているとふと、”俺ここで何してるんだろう”って思う時がくる。

 

f:id:naka-labo:20180519093819j:plain

 

特に精神的にきつい時や、仕事で失敗した時、日本に帰りたくなった時など。

そして周りからは、”なんでオーストラリアに来たの?何しにいくの?”こんな事をめっちゃ聞かれる。こんな経験している人多いと思う。

 

その度に説明をするのも煩わしくなって、だんだんとこの質問自体がめんどくさくなる。初対面だとはなしのきっかけになるから、みんな話しやすいのかな。

でも最近あまりにも多いので、ブログネタになるかなと思ったので、少しまとめてみる。

 

 

僕が海外に来た理由

僕の場合は、完全に勢い。旅で外国人に出会って英語を話せるってすごいなって思った。ただそれだけ。金沢のひとり旅の時に泊まった宿がきっかけ。

www.k-tabi.com

でも英語を流暢に話せるようになる為に一生懸命勉強するぞ!!って感じではない。日常生活の中で少しずつ覚えていければ程度。

これは一生懸命英語の勉強をしている人の前では絶対に言えないんだけど、

正直な事を言うと、”海外に来て英語で生活をして、最終的に英語を話せるようにならなかった。”でも俺はいいと思ってる。

 

それよりも、”日本を飛び出して異国の地で、違う文化の中で生活をして、旅ができた”っていうところに重きがある。行動することでしか、自分の世界は変わらない。

だから英語とかお金を稼ぐとか俺からしたらどっちでもいいんだ。

言葉なんてツールの一つでしか無いんだよ。ゴールじゃない。

 

先を見ない

ワーホリや留学をしている人達と話すと圧倒的に先を見据えている人が多い。

日本に帰った後、英語を活かした職に就きたい。英語を頑張って、仕事も頑張って、グリーンカード(永住権)をとりたい。外国人と結婚したい!って人もいる。

僕は先を見据えてないので、こういう人達と話すと心からすごいなぁと思う。

 

ワーホリをしたからにはそれを活かして日本で就職したい!って思っている人も多いと思う。だけど今の時代、ワーホリしている人も留学している人も珍しくない。英語を話せるのだって、ビジネスの面で言えば話せて普通が基準になってきている。

ワーホリとか英語とか、今の時代”話せて損は無い”程度でしか無いと思う。自分の付加価値にはならない。

誤解をされるのは嫌だから言っておくが、一生懸命勉強して将来を見据える事を否定する気は毛頭無いことだけは言っておく。素晴らしいことだよね。

 

僕は将来を考えて今頑張るよりも、今をもっと一生懸命に生きたい。

せっかく海外に来たのだから、将来に活かしたい。この気持ちはわかる。だけど、将来のことばかり考えて焦ってないかい?

今日を生きてる?5年後を生きていないか?今の1秒を一生懸命生きているかい?

せっかく海外に来たのだから、今の自分の足元を見てみよう。地に足ついてるかい?

自分なりでいいんだよ。人から何言われたって関係ないんだよ。

今この瞬間、君は君に満足できてる?

 

今の積み重ねが5年後、10年後のあなたです。人生は今この瞬間の積み重ねでしかない。だからこそ、未来の為に今を生きるのではなく、今の自分に少しでも満足する為に生きてみないか。

常に今の自分に満足できていたら、5年後、10年後も素晴らしい今があると思わないか?

 

英語話せるようになる?

めちゃくちゃ聞かれる。英語できるようになる?話せるようになった?

んで、気になる人が多いのはここかな?

これに関してもう完全に自分次第。俺みたいに、しゃべれるようになりたい!!て思ってない人はいいかもしれないけど、来たからには話せるようになりたい!って人多いと思う。

だったらそれなりの努力をしようねって思う。

日本人と日本語話してるより、非ネイティブでも英語でやりとりしてる方が絶対に良いし、その環境をどれだけ自分で作れるかにかかってる。一人でいる時は文法も単語も勉強した方が絶対に良いし。

英語話したい!!!って思ってるだけじゃできるようになるわけない。ワーホリに来たから、留学したから、自動的に英語が話せるようになるわけじゃない。学校行ったからって話せるようになるわけじゃないし。

努力してくださいとか言えない。

俺と同じように、話せなくてもそれはそれでいいや!って思うならいいと思うけど。

 

とにかく全部が経験

これは日本にいようと、海外にいようと何も変わらないのだけれども。

1つ1つの事柄は全てあなたの選択です。心のどこかで、それをやろうと決めている。

だから逃げないこと。どんなに嫌なことも、辛いことも、楽しいことも、幸せなことも、全部あなたの選択が故。

全部が大事な経験で、その経験に自信を持つべき。

ワーホリの失敗談、成功談なんて記事が巷には溢れてる。僕からしたら、失敗も成功もない。

死ぬまでのひとつの通過点で、ひとつの点にすぎない。

 

今を一生懸命生きていれば、今の自分が過去を肯定する。過去があるから今があるんじゃない。

 

”あー、あの時あれをやっといてよかったな”こんなこと思ったことありますよね。

それは、過去にあれをやったから今があるんじゃない。

 

”今一生懸命やって、成功と感じているからその過去を肯定できている”んじゃないですか?

 

今は今でしかない。そして過去は今があるから成り立つもの。全てを経験の一つとして自信を持って、いつかの自分が今の自分を肯定できる生き方をしてほしいと願う。

ワーホリという点が、線にして繋がった時、このワーホリが成功だったと言えるんじゃないかな。それがいつになるかはわからない。だけど、点を線にする為には、常に今この瞬間を生きて行くしかない。とにかく今の経験を大事にして欲しい。

 

自分だけの経験を

別になんだって良い。周りと同じことをしてたって良い。

だけどそこにどんな意味づけをするかは人それぞれ自由

ジャパレスで働こうと、ローカルで働こうと、日本人とずっと一緒にいようと、日本人と連まずに外国人とずっといようと

そこにどんな意味を持たせるかはあなた次第

人と同じことをしても、自分だけの経験とすることはいくらでもできる。

それが海外にいると、より考えやすいんだと思う。

 

だってここは日本じゃ無いから。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

共感できるところ、できないところ、人それぞれいろいろあると思う。

でもそれで良い。

大事なのは、ぶれない自分でいること。

焦らずに、今の目の前の生活を一生懸命生きてみよう。

何かひとつでも感じてもらえるものがあったら、この記事を書いた甲斐もありました。

 

せっかく海外に来たんだから、

人の期待を満たす人生じゃなくて、自分を満足させる人生にしようよ。

 


かりゆし58「オワリはじまり」

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

See u later

Kota

 

おすすめ記事

 

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com