Live the Life You Love.

-自分の愛する人生を生きろ-

なかのの夫とは何者!?我らがボス。なかのの夫を勝手に語る。

Blog × なかのの夫 

f:id:naka-labo:20180827140348p:plain

 

こんばんは!!Kotaです。

 

このブログではオーストラリアの旅の真っ最中ですが、どうしてもこの記事を公開したかった!!読んでほしい!

 

みんな大好き、なかのの夫さん。

 

いきなりすぎて、誰だよ!?と、思われている方もいると思いますが、読んでください。

 

ちなみにこの記事を書くにあたって、本人の許可は得ていません!!

 

心の声)いいのかKota!!勝手に書いてBANされないか!!

Kota)はっ!愚問だな!!俺は、BANされたっていいのさ!俺はただ・・”なかのの夫愛”を語りたいだけなのだから・・・!!

 

という事で、この記事に需要があるのか分かりませんが、我らがボス”なかのの夫”を勝手に熱く語らせてもらいます。

 

画像も勝手にスクショして使わせてもらいました!!本来であれば、著作権とか肖像権に引っかかってしまうのだろうけど、もうこの際無視します。笑

※本当に問題あれば、教えてください。

 

なかのの夫とは

f:id:naka-labo:20180722172602p:plain

※一部敬称略させていただきます。

 

僕のブログは旅ブログですので、読者の方は、全然ジャンルの違うなかのの夫さんを知らないという方も多いと思います。

なのでツイッターとブログを貼っておきますね。

 

Twitter

なかのの夫/複業パパ×ブロガーズギルド (@nakanonohusband) | Twitter

ブログ

なかのの - 複業パパの子育てブログ

 

先日まで、サラリーマンをやっていた兼業ブロガー。

一家の大黒柱で、美しい奥様と可愛いお子様2人のパパブロガーでもあります。

 

長らく、複業(副業)という形でブロガーとして活躍していたのですが、会社からの複業(副業)禁止通告を受け、退社。

今では、出勤5秒という爆速の出勤時間(自宅)でブログを書いている日々だそうです。可愛いお子様(見た事ない)に囲まれて幸せそうな日々が想像できます。

 

会社から「副業禁止」通告→退職までの全経緯【円満退社/生々しさMAX】

この記事を読めば分かりますが、複業(副業)を禁止と言われ、速攻でそれなら会社をやめる!!と言った夫さんもすごいですが、その後の奥様の発言が本当にかっこいい。

(詳しくは記事を読んでね)

 

僕もこんな奥様と出会いたい。こんな奥様を大切にしている、なかのの夫さんが僕は大好きだ。

 

【妻の好きなところ100】妻が好きすぎるので、好きなところガンガン出してみた。

 

この記事なんかすごい。

僕も26年生きてますから、彼女の1人や2人、いや3人だったかな4人?5人?まぁ10人に満たないくらいいたんです。(ちょっと盛ってる。)

でも、好きなところ100個は言えなかった。(なかのの夫さんは、実際には104個出してる)

 

100個出した上で、こんなの当たり前なんですよ。とさらっと行っちゃう夫さん。

かっけぇ・・・。家族を大切にする、一家のヒーロー。こんなパパを持った子供達がぐれないわけがない。

 

そして、実績もすごい。

 

 

 

月収100万円を目指して目下爆進中!!!リアルに100万円が見えてきているところがすごい。有言実行できる行動力と継続力も僕の尊敬する点である。

 

と、さらっと僕なりに尊敬する点を書いてみたのだが、伝わっただろうか。

詳しくは、ご本人のプロフィールを見てほしい。

家族と健康と複業と。複業パパ「なかのの夫」プロフィール

 

 

なかのの夫砲炸裂

そんな、なかのの夫さんを敬愛する僕が夫さんとやりとりをするようになったのはつい数日前。

きっかけはこのツイート。

 

  

これ、オーストラリアだと割と夜中だったんですよ。

当然僕寝てて、朝まで気づかなかったんだけど、朝起きたらフォロワーが35人くらい増えてたんですよね。

 

 

 

なかのの砲の炸裂。

 

 

このツイートに被せていただいたような形でした。

 

このツイートをしていただいた前から、勝手に絡みに行ってはいたんですけど、なかのの夫さんからしたら、ガヤのひとりだったと思うんですよね。

そのガヤが目に止まって、アカウントを紹介してもらえた!!!

 

ツイートにも書きましたけど、ほんとね朝起きて頬つねりましたよ。人生で初めて。頬つねりバージンをなかのの夫さんに奪われたんですよ。

バージンだったからか、現実だったからか、頬は痛かったです。

 

なかののサロン

そんなある日、上に書いたなかのの砲炸裂の大元のきっかけになった事がありました。

 

  

それが、なかののサロンの設立。すぐさま応募しましたよ。

 

 

 

でも実はこの時、オンラインサロンがどんなものかも知らなかったし、ブロギルって何??っていうレベルでした。

 

 

でも、これはチャンス!!と思い、熱い想いをDMで送りました。

だいぶ長文になってしまいましたが、そこはさすがのなかのの夫さん。

 

熱い想いをありがとうございます!と返信をいただきました。

 

そしてなんと、オンラインサロンに入会決定。速攻でお金を支払い、めでたくなかののサロン1期制となる事ができました。

 

なかのの夫愛を語る

 

僕がいかになかのの夫さんと愛しているかが分かっていただけたと思いますが、僕がこれだ!!というポイントを絞って書いておきます。

 

① 家族を大切にする一家のヒーロー

僕の親父もそうですが、家族のことを一番に考えてくれてる。小さい頃は、仕事で帰ってこない父親に寂しい気持ちも抱いていましたが、今思えば僕ら家族のために一生懸命戦ってくれていたんだなと思います。そんな俺の親父に背中を、なかのの夫さんの背中にも感じました。

 

② 奥様大好き

僕は割と、恋愛に関しては淡白な方で、いつも一緒にいるのとかも好きじゃないし、一人の時間をとにかく確保したいタイプ。

だからなのか分かりませんが、愛する人に対して常に真摯に熱く向き合う人が尊敬できます。なかのの夫さんの口から、俺は妻を愛している!!と聞いたわけではありませんが、滲み出る愛が伝わってきます。

 

③ 有言実行がかっこいい

上にも書きましたが、有言実行を確実にしているなと思いました。

誰でも口で言うだけなら簡単です。でもそれを実際に行動に移して結果を出す人は一握り。僕も口だけで終わってしまった経験がたくさんあるので、本当にすごいと思います。

 

④ 優しい

これはもうね、本当に優しい。

Twitterでもサロンのラジオでも、しっかりコメントを拾ってくれるし、とにかくリプが早い。くだらない絡みでも付き合ってくれるし、さみしがり屋の僕をほっとかない優しさを持っています。

これは絶対にもともと持っている夫さんの天性のもの。優しい人は大好きです。

 

⑤ 面白い

なかのの夫さんが話すラジオでも、小ボケに突っ込んでくれる、ツッコミのキレを持っているし、ブロギルの他の方のラジオではチャットに書き込んで、盛り上げてくれる。

これは多分話す方からしてもすごく話やすいんだろうなぁと思う。

 

⑥ お茶目

Twitterを見ていると、たくさんの方と絡んでいるなかのの夫さん。

有益なツイートをたくさんしてくれて、とても勉強になるのですが、誰かがリツイートしたことに対してこんな形で調子に乗るんです。

 

  

 

 

 

僕がなかのの夫さんの一番好きなところはこのお茶目さ。愛すべき調子乗り屋ですよね。

 

だから僕も真似をしてみる。

 

 

なんか違う・・・。

まだまだ、なかのの夫への道は遠いようだ。

 

なかのの夫から繋がるTwitterの輪

 

なかのの夫さんと絡み初めてから、まだ1週間とたっていません。でも多くの方からフォローしていただくことができました。中には、トップの方も。本当に嬉しいです。

 

 

 

集中線を教えてくれた、やすぷるさん

やすぷる∥マレーシア×デュアル🇲🇾 (@yasutakafulness) | Twitter

 

 

他にもサロンの方達を中心に

 

なかのの夫さんの奥様

なかのの妻@縁の下のマッスルマム (@nakanonowife) | Twitter

 

絵描きのタマ@アートブロガー

絵描きのタマ@アートブロガー (@nudiebeans) | Twitter

 

ごるみす 🤓ピタゴラ債務

ごるみす🤓ピタゴラ債務 (@goldmistakes) | Twitter

 

ハンプティ@無職パパブロガー

ハンプティ@無職パパブロガー (@funasukebee) | Twitter

 

と、トップで優秀な方達にたくさんフォローしていただけました。

ここに載せていないフォロワーの皆様もたくさんいます。

 

本当にありがとうございます。わたくし、Kota本当に嬉しく思う所存でございまする。

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか。僕のなかのの夫愛。

 

伝えきれたか、僕自身もいささか不安な気持ちが残りますが、今の僕が言葉にできる範囲で精一杯書いたつもりです。

 

僕の想いが、皆様に、そして何よりも、なかのの夫さんに届くことを祈るばかりです。

 

 

See u later!!

Kota

 

これも読んどく?

 

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com