旅人こーた、旅に出る。

旅人Kotaが、プロ旅人になるサクセスストーリー

ひまじん、富山県で洒落こむ。世界一美しいスターバックスと大仏さま①。

Tabi × 富山

こんばんは。Kotaです。

 

能登を脱出して富山県へきやしたー!!!!今朝は道の駅”氷見”にて起床。

スカッと晴れていて気持ちの良い朝でした。

f:id:naka-labo:20180614172853j:plain

これは夕焼けw

さてさてどこへ行くかなーと道の駅で聞き込み&パンフレット系探し。歴史好き、寺院好きの僕の目に飛び込んで来たのは”瑞龍寺”。そして日本三大大仏(自称)”高岡大仏”。最初の目的地はここにしよう!!

 

と、意気込んで見たらもう一つ面白そうな場所を聞いた。”雨晴海岸”。僕の愛してやまないあの源義経に関わる海岸だそう。これは行くしかない!!!

 

 

雨晴海岸

f:id:naka-labo:20180614173922j:plain

雨晴海岸は道の駅氷見から高岡市内への道中に行けるそう。ということで早速ナビをセットして、雨晴海岸へ!

 

雨晴海岸って僕は富山に入るまで知らなかったのだけれども、国定公園に指定されていて歴史的にも結構古い海岸でした。

雨晴海岸で散歩している地元のおじいちゃんがいたので、話を聞いてみると、さかのぼること何年前?笑。僕が愛してやまないあの源義経が、頼朝に追われて奥州に逃げる際に雨宿りに立ち寄った海岸だそう。にわか雨をしのいだ岩は義経岩と呼ばれています。それがこちら↓

f:id:naka-labo:20180614180024j:plain

義経が空が晴れるまで、ここで待っていたことから”雨晴(あまはらし)海岸”と呼ばれるようになったそうです。義経と同じところに立っているこの瞬間。

 

感無量!!!!涙

 

おじいちゃん教えてくれてありがとう。

少し雲が出て来てしまって見えないのだけれども、この女岩と言われる有名な岩のバックには、晴れていれば立山連峰がくっきりと見えるそうです。

特に冬には雪が積もった山頂が海の青に映えて、それはもう美しいそう。

 

白川郷と兼六園あたりからうすうす気づいてはいたけど、北陸は冬の方が良さげじゃないか?笑

 

雨晴海岸詳細

駐車場が道の反対側にあります。少しわかりにくいですが、道沿いにあるので見逃さないようにしてくださいね!↓↓

 

富山県民の愛する”高岡大仏”

f:id:naka-labo:20180614173937j:plain

さて来ました。大仏さま。

日本三大大仏の一つ(自称)もう二つはみなさんご存知の通り、奈良の東大寺の大仏さまと、鎌倉の高徳院の大仏さまです。

 

自称って!!気になって調べてみると、自称しているだけで一般的には認められていないそうです。奈良や鎌倉とは歴史も格も違いすぎるんだって。でも起源で言えば、源義経が仏門に入って、大仏建てたとこからだから、結構歴史あるとおもうんだけどなぁ。(義経愛。)

じゃあ三大大仏って何?って思ったら、奈良と鎌倉はどんな時代も三大大仏に数えられてるんだけど、もう一つは時代と共に変わって来ていて、今の時代は空席らしい。

 

今誰かすげぇ大仏作ったら日本三大大仏の一つになるかもよ。

 

大仏の台座下は回廊になっていて、仏画や地獄絵などが展示されていいて無料で見ることができます。また、中央には火災で焼失した木造大仏の頭部が保管・展示されています。

ちなみに今の大仏さまは3代目だそうです。昭和8年に再建されて、鋳造で有名な高岡の技術を集めて作られた青銅の大仏さま。そんな背景もあって、市民には愛されているそうです。

僕が行った時も地元のおばあちゃんが参拝にきていました♩

 

f:id:naka-labo:20180614180042j:plain

高岡大仏詳細 

拝観時間:6AM~6PM

拝観料 :志納

駐車場 :無料(いくつかありますが、一番近いのは大仏さまの裏。)

裏の駐車場は一歩通行の道路に面しています。大仏正面からは侵入禁止なので気をつけてください!!公式サイトに細かく載っているので車で行く方はチェクしてください!

富山県唯一の国宝。”瑞龍寺”

f:id:naka-labo:20180614180005j:plain

高岡大仏から車で5分ほど。瑞龍寺にやってきました。

加賀藩2代目の”前田利長公”の菩提寺がこの瑞龍寺。加賀藩120万石の財力に物を言わせた江戸初期の典型的な建物たち。山門、仏殿、法堂は富山県唯一の国宝に指定れています。そして総門、禅堂、大庫裏、大茶堂、回廊三棟が”重要文化財”に指定されています。

 

僕が行った時は修復工事をしていたので、所々外観が見れなかったですが、修復中にいくのも、逆に言えばこのタイミングだけなので、これもまた一興。ということで納得しました。

 

ここまで毎日ブログを読んでいいただいている方は気づいているかもしれませんが、僕は”世界遺産”とか”国宝”とか”重要文化財”とかって言葉に弱いです。笑

どうしても見たくなっちゃうんですよね。だってそれだけの歴史と価値があって、後世に語り継いでいきたいものじゃん。見たいじゃん。楽しいじゃん。ロマンじゃん!!!

 

f:id:naka-labo:20180614173957j:plain総門 

これが山門。本当に美しい。

昔、今みたいに便利な機械も重機もパソコンもない時代にこんなものが建てられたんですよ!?すごくない!?

 

f:id:naka-labo:20180614173747j:plain

仏殿

 

f:id:naka-labo:20180614173804j:plain

綺麗に刈られた芝が美しい。

 

f:id:naka-labo:20180614174014j:plain

中はこんな感じ。

 f:id:naka-labo:20180614173838j:plain

法堂も良い。

 

僕が行った時は仏殿で、住職が説法?なのかな。めちゃくちゃ面白い話をしてた!2016年は大河ドラマが真田丸で、僕もはまりにはまってたんですけど、その真田丸の話も持ち出して、コメディチックに瑞龍寺の話をしてくれた。5、60人くらい聞いてたんじゃないかな?

とにかくめちゃくちゃ面白かったので、瑞龍寺に行ったら是非聞いてほしい!!

京都の鈴虫寺の住職といい、お寺の人は話がうまいよ。。

 

夜は季節ごとに変わるライトアップもあるそうです。どこもかしこも観光スポットはライトアップが好きなようです。

 

瑞龍寺 詳細

拝観時間:9AM~4:30PM

拝観料 :大人  500円

     中高生 200円

     小学生 100円

駐車場 :無料 

駐車場 

 

 

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

②へ続く⇨

 

See u later!!

Kota

 

おすすめ記事

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com 

www.k-tabi.com