旅人こーた、旅に出る。

旅人Kotaが、プロ旅人になるサクセスストーリー

ひまじん、自由を考える。

こんばんは。

 

Kotaです。

 

”自由”って永遠のテーマな気がする。

 

誰しも自由でありたいと思っていると思う。手に入らないから願う。

だけど、自分が自由だと思えるにはどうしたら良い?

 

f:id:naka-labo:20180520123416j:plain

自分を解放できるようになる。

人間は1年につき、1つずつ歳を重ねる。

今年26歳になった僕は来年27歳になる。再来年は28歳になる。

 

1つ1つ歳をとるごとに、自分が研ぎ澄まされていくのを感じる。

 

自分がどういう人間で、どういう生き方をしたくて、何に興味があるのか。

だんだんと、自分という人間が浮き彫りになるような気がしていく。

 

そして自分で縛り付けている1つ1つの呪縛から解放されていく。

だけどその反面、何もわからない闇に落ちる時もある。

 

俺が欲しい事

僕は20歳から働いている。専門学校を卒業して社会に出た。

そして新卒で入った会社は2ヶ月でやめた。あの選択は間違っていなかったと思ってる。

 

世間的にとか、社会的にとかよくわからない。

だけど、今の俺は過去の自分の選択を心の底から肯定できている。

行動ができる自分に少しずつなれているからだと思う。

 

仕事はお金のためにできない。

 俺の人生の中で、大切にしたいものか少し離れているからだと思う。

 

心が動く。 

そんな事をしたい。そんなものを作りたい。

そう思うようになったのはいつからだろう。

俺はいろいろなものに心を動かされて来た。26年間の人生の中でいろいろなものを見て来た。

 

俺はこれからどうしたいのか。心熱く、心踊る事をしたい。残るものをつくりたい。

 それでいい。それがお金に繋がらなくてもそれでいい。

 

俺は俺がやった事実が欲しいんだ。

 

生きるという事

 

生きるためにはお金は必要不可欠だ。

だけど、生きられれば良い。

何かをして、結果的にお金に結びつけば、なお良いとは思うことも事実だ。

でもそれはあくまで結果でしかない。最初からお金のためにやるのは性に合わない。

 

今までだってそうだった。

楽しんで仕事をしていたインテリアショップ時代、俺が楽しめていたからこそ、仕事へのやる気にも満ち溢れていた。大変でもやり遂げることできた。お客様とも真摯に向き合う事ができた。

 

ここが俺の原点だろう。

熱い気持ちを忘れない。心踊る事をやろう。

そして誰かを巻き込む。俺の熱量を誰かに届ける。

 

そのために、俺は嫌いな事をやらない。

自分がやりたいと思った、心を動かされた考えだけに従う。

やりたい事をやるんじゃない。やりたく無い事をやらないんだ。

言葉にすると同じような事かもしれないけど、実際の意味はまるで違うんじゃないか。

 

真っ当な道

 

”自信”とは自分を信じる事。

俺はぶれない俺でいれる事を信じる。

 

いつだっかか、俺が俺に依存することができたら強いんじゃないかと考えたことがあった。その考えが正しいのか、依存という言葉が本当に適切なのか。今の俺にはわからない。

 

だけど、俺は俺の中にある何かに動かされたい。

外からの刺激じゃなくて、内からの刺激を大切にしたい。

それが、俺の人生の中で最も大切な1つなんだと思う。

 

誰しも悩みながら、考えながらも何かを起こす。これは、真っ当な、人間としての道を歩んでるんじゃないだろうか。

日々我慢しながら、嫌な仕事を続ける。多くの日本人が普通にしている事こそが普通じゃないんじゃないか。

自然に逆らわず生きていくのなら、内なる自分に従うのが真っ当な道なんだろう。

俺はそれを求めているのかもしれない。

 

自由

今の僕に、”自由”が何かはよくわからない。

だけど、自分で縛っている見えない呪縛に気づいた時、自由になれるんだと思う。

 

20歳で成人式を終わったからと言って自由じゃない。お金的に自立していても自由じゃない。親元から離れても自由じゃない。仕事をする大人になっても自由じゃない。

 

学生の時は大人になれば自由になると思ってた。

 

親父に、自由ってそういうものじゃないって言われたのが、今ならすごくわかる。

 

ずっと自由になりたかった。

それはこれから死ぬまで変わらないと思う。

 

自由だと胸をはって言える人はいますか?

 

 

See u later

 

Kota