Live the Life You Love.

-自分の愛する人生を生きろ-

オーストラリアの東海岸、クイーンズランドの都市をひとり旅。

Tabi × ノースクイーンズランド

f:id:naka-labo:20180812185721p:plain

 

こんばんは!Kotaです。

 

日本はもう夏ですね。夏だ!海だ!!ビキニだ!!

 

 

 

と、いうわけで一旦オーストラリアのひとり旅はストップです!ファームへ行く前に住んでいた、Brisbaneに戻ってまいりました!

 

ブリスベンで仕事をして、次の旅の資金を稼ぎます。そして次は11月のウルル、年をまたいで2019年、ブリスベンからパースまで旅をする予定です。それ以外にもブリスベン周辺のショートトリップや撮影旅はちょこちょこ行こうかなと思っております。

 

 

2週間ひとりで旅してきた、ノースクイーンズランドを今日から振り返って行こうかなと思います。

 

 

ノースクイーンズランドとは

さて僕が今回旅をしたのは、オーストラリアのクイーンズランド州。

地図でいうと、オーストラリアの右上の部分です。⇩⇩

 

日本人の観光旅行に人気の”ケアンズ””ゴールドコースト”、オーストラリア第3の都市でもあり、州都の”ブリスベン”があるのがクイーンズランド州です。

観光で言えば、世界遺産の”グレートバリアリーフ””キュランダ”、サーフィンで有名な”サンシャインコースト”もクイーンズランドです。

その中でも今回はノースクイーンズランドと言われる、クイーンズランド州の北側をメインに回ってきました。

 

ノースクイーンズランド州は、ファームの街が多いです。

僕が住んでいた、”イニスフェイル”、バナナで有名な”タリー””マリーバ””エアー””バンダーバーグ””カブルチャー”など、全てクイーンズランドに属しています。

上にちらっと書きましたが、ノースクイーンズランドは、いわゆる常夏です。ロックハンプトンという都市に南回帰線があり、それより北側が常夏となっているそうです。

常夏といっても、冬は少し冷えますが・・・日中は汗をかくほど暑い日もあります。

 

なので、冬のこの時期でもビキニのお姉さんを見る事ができます。これだけで行く理由になると思うなぁ。

出会いあり、笑いあり、涙はないけど、笑顔が多い。そんな旅でした。

 

旅のルート

今回の旅のルートはこの記事でも書きました。

www.k-tabi.com

が、旅の途中に少し変更したので、改めて書いておきますね。

ざっとこんな感じ。東海岸を南下してきました。

イニスフェイルのバッパーを出て、

ケアンズ

タウンスビル

エアリービーチ

マッカイ(当初の予定は、ロックハンプトン)

ヌーサ

ブリスベン(当初の予定は、サンシャインコースト ⇨ ブリスベン)

 

✔︎ ロックハンプトンをマッカイに変更。

✔︎ サンシャインコーストには行かずに、ヌーサ泊を延長

 

が旅の途中に変更したポイントです。

ひとり旅の良いところは、気軽に誰にも気を使わずに変更がバンバンできるところですね。自由って最高です。

 

旅の縛り(ルール)

さて、このブログを以前から読んでいただいている方はもう知っていると思いますが、僕は自分の旅に”縛り”を設けます。

まぁ自分ルールってやつですね。

 

なくてもいいんですけど、ある方が面白いし、旅の指針にもなるので迷わずに決定もしやすいです。

旅ってかなりエネルギーを使うのですが、そこで変に頭で悩んでるともっと疲れるんです。それも嫌なので、縛りをつけています。

 

今回の縛りは、

 

・長距離バス”グレイハウンド”を使う

・宿泊はカウチサーフィン(後述)をメインに。

・どうしてもカウチサーフィンホストが見つからない場合は、バッパーへ

・とにかくオーストラリアの初ひとり旅を楽しむ!!!

 

です。

細かくは各都市ごとの記事で書いていきますが、今回の縛りは達成です!!

と、いっても達成がどうか決めるのも自分自身なので、達成って事にしちゃえば達成と、割といい加減な部分もあったりなかったりラジバンダリ。

 

旅でのチャレンジ

この旅では、上記の縛り以外に1つチャレンジした事があります。それは・・・

 

✔︎ 僕と同じ地元(山梨県人)を探す旅

 

です。他の国はわかりませんが、オーストラリアって山梨県人まじでレアなんですよ。

9ヶ月住んでますが、2人だけ。一人は地元の友達の後輩がワーホリで来ている。

もう一人は、こっちの友達の友達。

 

と、僕紹介で知り合った人しかいないんです!!

どうしても自分で会いたい。そしてブリスベンで”山梨県人会”を作りたい!!

 

と、思い日本人に声かけまくりました。笑

結果は・・・

 

約50人声をかけて・・・

 

ゼロ。

 

チーン。

 

✔︎ ケアンズのナイトマーケットのおばちゃん曰く、山梨の人とはしばらく会ってないねぇ・・・

✔︎ ケアンズに永住しているお兄さん曰く、山梨の人は会った事ないなぁ・・レアだと思うよ。

 

そうなんです。レアなんです。

僕レアなんです。僕と友達になれば、もれなくレアな山梨県人の友達を持った留学生もしくはワーホリメーカーという肩書きをプレゼントできます。

どうですか。

 

旅での出会い

出会った人は、数えてないので何人いたのかわかりませんが、様々な国籍の方と出会いました。

 

✔︎ ケアンズのバッパーでUNOで盛り上がった仲間たち

✔︎ カウチサーフィンでキャンプをした仲間たち

✔︎ 同じバスにたまたま乗っていた、ブリスベン時代の友達

✔︎ 同じバッパーに宿泊していた女の子3人組

✔︎ 同じバッパーにいたワーホリ初日の女の子

✔︎ ケアンズで知り合った自転車世界一周中の男の子

✔︎ ケアンズで声をかけた可愛い女の子が、まさかの自転車世界一周の男の子とも友達になっていたという奇跡

✔︎ ケアンズで話かけたら、イニスフェイルでファームをしている子で、そのまま2時間その子の友達を一緒に待つという不思議な時間

✔︎ 国立公園で、毎年日本にスノボに行っているおっちゃんに出会って、俺の英語をべた褒めされる

✔︎ エアリービーチで同じバスに乗ったドイツの女の子と、1週間後ヌーサでたまたま再会

✔︎ お父さんが山梨出身という埼玉出身の女の子(惜しい!!)

✔︎ ケアンズへ新婚旅行に来ていた新婚さん2組

✔︎ ケアンズのバッパーで同じ部屋だった、ドラゴンボールと聖闘士星矢で育ったと力説してくれた親日のメキシカン

 

パッと出るだけでも、これだけの面白い出会いがありました。

だから旅はやめられないんですよ。

 

 

まとめ

控えめに言って、”最高”ですよね。

各都市ごとの記事を写真とともにまとめていきますので、お楽しみに!!!

 

きっとあなたもオーストラリアに来たくなってしまう魔法にかかるでしょう。

 

See u later!!
Kota

 

これも読んどく? 

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com

www.k-tabi.com